愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学部School of Nursing & Health

豊かな心と知識と技術を融合した理想の看護をめざして、4年間かけてしっかり看護学を学ぼう

高度先進医療やAIの活用など医療分野の技術革新は目覚ましく、看護にも高度な実践力が求められています。また、急速に進む高齢化によって、回復期や慢性期の患者、さらに在宅療養者が増加するなど、看護ニーズは複雑化、多様化してきています。このようなニーズに対応できる知識や技術を獲得するには、従来の看護師?保健師?助産師を合わせて4年間の教育では不十分だと言われています。愛知県立大学看護学部では、このような社会の要請に一早く対応し、助産師に続いて保健師を大学院化してより高度な実践者の育成を行うとともに、看護学部では4年間をかけて現場での通用性の高い実力ある看護師を養成します。

■技術力重視の充実した学習内容

本学部では技術教育に力を入れており少人数での技術教育、シミュレーション教育を充実させ、自信をもって就職できる実践力の修得をめざします。

■愛知県の特性を活かしたユニークな科目

在留外国人への文化ケア、南海トラフ地震等を視野に入れた災害看護、海外短期留学や国際保健等を通じたグローバル人材としての基盤形成など、ユニークな科目が充実しています。

■地域の保健医療課題解決に向けた協働

看護学部には、地域や病院と協働して、看護師の実践力向上、災害対策、子育て支援、生活習慣病予防などに取り組んでいる教員が多くいます。看護学部がもっている「知」を地域に還元し、地域と協働して課題解決に取り組んでいきます。

学部長あいさつ

看護学は人間の健康を支える学問です。

看護職は、看護の対象となる人々の価値観にそって、専門的な知識と技術を用いながら、エビデンスに基づく実践を行います。他者の価値観を理解するためには、適切にコミュニケーションがとれる力と、人々の多様性を受け入れられる寛容さが求められます。大学は専門的な知識と技術の修得に加え、豊かな人間性を涵養する場でもあります。一緒に高めあえるように学んでいきましょう。

看護学部長
片岡 純

学部情報

pagetop