愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

県大シーズ

「排除、孤立とコミュニティの可能性」

松宮 朝 准教授
(マツミヤ アシタ)
教育福祉学部 社会福祉学科

研究シーズ

  • 1.孤独死?孤立死とコミュニティ
  • 2.多文化共生とコミュニティ
  • 3.貧困と地域社会

研究内容?課題

貧困、社会的排除、社会的孤立などの問題に対して、地域コミュニティはどのような対応が可能か、社会学の知見を通して、また、愛知県内を中心としたフィールドワークを通して、現状の問題と、展開可能性、実践的手法を探っています。

研究キーワード

社会学 孤立 孤独 排除 コミュニティ 都市農業

研究者になるきっかけは?

1995年の阪神?淡路大震災、オウム真理教の事件を学生時代に経験したこと、そして、当時のゼミで実施したフィールドワークに夢中になったことが、研究者を目指すきっかけです。

研究内容を大学での教育や、地域?社会にどのように還元していますか?

愛知県内の実践現場にできる限り参加し、そこでの参与観察を通して問題を考えるようにしています。こうした研究を学会や研究会で議論し、また、授業?ゼミで学生とともに考えて、現場に還元できる知見や手法を提供できるよう、取り組んでいるつもりです。

学生や高校生にひとこと!

できるだけフィールドに出て考えること、できるだけ本や映画で経験すること、できるだけ人と出会うことが、大きな意味を持つと思います。

pagetop